転職活動にはとても苦労させられました・・・

 

私は高校を卒業して今まで、転職を何度かしています。

 

自分の気持ちに整理が付かなくなったりすると働いている環境や人間関係が嫌になり転職を考えます。それだけではなく、会社が廃業することになったり倒産の噂が流れたりということも転職のきっかけになったりしています。

 

これまで転職活動を行ってきた中で感じることは、面接官はその人となりを重視しているよりは履歴書に書かれている【学歴・資格】を大事にしている所があるということです。高卒よりは大卒、無資格よりも何かしらの資格を有している人を採用する傾向にあるようです。あと年齢も多少関係すると思います。

 

これまでの職種では営業職を長く勤めていましたので、転職の際には営業職を希望しますがなかなか採用には至りません。ハローワークの求人を見ても企業側は大卒の希望です。企業側から高卒の希望で出ていてもいざ面接に進むと大卒が希望だったと言われたりしました。営業の経験があったとしても取り扱う製品が違うからということで「難しいでしょう」と頭から否定気味で返答されたりしました。転職活動は情報が大事だと思います。

 

求人のあるものは片っ端から調べていくことが大事です。
私はハローワーク、転職サイトに登録、地方版の求人広告、人伝いを使いました。もちろん情報が重複している部分もありますが、そこにしかない求人も有るわけで、一通り目を通しました。気になれば即申し込むという具合でした。

 

条件や希望に沿った求人はすぐに無くなるものだと考えて行動していました。一番手っ取り早いのは、知人や面識の有る人物に紹介してもらうというのが転職の近道だと思います。私もそれで決まらない再就職先を決めた経験があります。

 

会社が廃業するとのことで転職活動を早々に始めました。しかし、高学歴でもなければ有資格でもない私を採用してくれる会社は見つかりませんでした。その際、求人の広告にある一軒の会社から求人が出ていました。私その会社のオーナーと面識があり、面接を受けようと応募しました。面接に行くとオーナーから求人広告よりも良い条件で採用したいと言われました。【学歴・有資格】よりも経験と人となりを優先してくれたようです。

 

転職活動は思うようにいかないときのほうが多いですが、何とか続けることで成果が出ました。


 

半導体技術者の転職

 

私は大学・大学院で半導体関連の研究をしており、半導体関連の仕事に就きたいと考えていました。
幸いその希望は叶い、某電機メーカーに就職することができました。

 

ところが、その電機メーカーで会社存続にかかわる大きな問題が発覚しました。
そこで、私は将来への不安を感じ転職することを決意しました。

 

会社自体への信用は失っていましたが、仕事内容は自分の興味のある分野の仕事でやりがいもありました。そのため、転職後も半導体関連の仕事に就こうと考えました。仕事をしながら転職活動をしようとしていましたので、転職サイトを使うことにしました。転職エージェントを紹介してくれるサイトに登録し、何人かのエージェントとやり取りをしました。

 

その時に感じたのは、半導体のような一般の人に馴染みの薄い分野だとエージェントが仕事内容を理解しきれていないということです。

 

私の経歴を見てエージェントが案件を紹介してくれるのですが、紹介する案件が自分の専門分野と関係ないものやマッチングしにくいものが多く、なかなかいい案件に出会えませんでした。こちらも自分の業務や専門、やりたい仕事を伝えるのですがなかなか理解してもらえませんでした。

 

一人のエージェントだけでなく、複数のエージェントとやり取りをしていたことが幸いして、自分の経歴とマッチした案件を見つけることができました。エージェントにもピンキリがあるということを感じた転職活動でした。特に技術系の分野に疎い人に当たってしまうと、技術系の転職は難しくなってしまうと思います。

 

接客業から事務職へ

 

私は、子供が好きで子供と触れ合える職場がいいと思い、遊園地のスタッフとして仕事を始めることにしました。

 

短期学校で、幼児教育も学んでいたので、子供と触れ合える仕事に就けて、とても楽しみにしていました。
ですが、実際に働き出すと、子供と触れ合うことはほとんど無く、接客業がメインで、長期休暇の間は、早くに出社して遅くに帰るという日が続き、体力的にボロボロになりました。

 

体調を崩してしまい、このままでは続けられないという状態になり、転職をすることになりました。

 

次に、私に父親が働いているところで紹介をしてもらい、仕事を始めることになりました。
それが、銀行内での事務です。

 

仕事内容は、今までの仕事とは全く違いましたが、自分のペースで仕事ができるということで、安定して仕事を続けることが出来ました。

 

遊園地での仕事は、2年ほどで辞めてしまったのですが、事務の仕事は、それ以降ずっと続けている仕事です。
私には、接客業よりも、こつこつと作業をする事務職が合っていたみたいです。

 

私以外に女性は居ないので、なかなか休みにくい状況のときもありますが、回りの男性社員の方も優しい人なので、ここに転職をしてよかったなと思っています。慣れてくると、ペースが掴めてきて、忙しくなる前の時期に、いろいろと作業を済ませてしまったり、基本的に残業が無いので、その後のプライベートも充実しました。

 

仕事をしながら、婚活もすることができ、無事に結婚も出来ました。