スキルアップの勉強のおかげで、希望の条件の企業に転職できました

 

私は学校を卒業して、地元の企業に事務職として就職しました。

 

事務に関するノウハウは覚えることができましたが、
有給休暇が取れない、残業が多くて、休日出勤もあり、さらに給与が安いということもあり、転職したいと考えていました。

 

3年を過ぎた頃にその会社を退職して、転職活動を行いました。
できれば、退職する前に次の仕事を決めたかったのですが、残業が続き、とても転職活動ができる状態ではありませんでした。
その為、具体的に転職活動を行ったのは、退職した後でした。
転職先に希望していたことは、残業がほとんどなく、有給休暇もきちんと取得できることでした。

 

また、休日出勤があった時は代休で消化するのではなく、休日出勤手当をつけてもらえることも条件にしました。
これらをいろいろと考えていくと、やはり福利厚生が充実している企業が良いと思いました。

 

働きやすい環境の整った企業に再就職するためには、自分のスキルを上げていかなければいけないと思いました。
そこで、繋ぎのアルバイトをしながら、スキルアップの勉強を始めました。
その甲斐もあり、大手企業に転職することができました。

 

給与も上がり、休日も増え、有給休暇もきちんと消化することができるようになりました。

 

職場の人たちも意識の高さも、前職とは全く違っていました。
もし、一つの企業でしか仕事をしていなかったら、このような体験はできなかったと思います。

 

また、転職は年齢を重ねれば重ねるほど、不利になっていくと思うので、年齢が若いうちに行ったほうが良いと思いました。